×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






]





「そろそろ、かな」
 青年は静かに零す。誰に聞かせるわけでもなく、誰かから同意を求めるでもなく。
 腕の中で眠る小さな少女を見つめ、そして顔が痛ましげに歪む。
「ゴホッ、ゴホ……ぐっ」
 咳込み、とっさに口元を押さえたその手に張り付いた血に、諦めにも似た笑みが浮かぶ。
 彼の身体は、もはや限界を超えている。普通の人間の身体であれば、とっくに死んでいる。それでも彼が生きながらえているのは、彼が『普通』ではないからだ。
 『力』を使えば使うほど、青年の身体は、精神は、侵されていく。それでも彼は『力』を使うことをやめなかった。
 徐々に悪化する身体。ドーマの治癒能力を持ってしても、全快することはまずない。もはや治癒能力も気休め程度にしかきかない。
 痛みに耐えながら、苦しみながら、それでもディオールは死を望めなかった。
 ドーマとしての力が、彼を生かし続ける。どんなに血を吐いても。どんなに苦しみもがいても。
 立っているのもやっとのくせに、それでも倒れることを許されない。この身体の寿命は、まだ訪れない。
 まだ、生きろという。
 それが業であるかのように。
「ぐっ……はぁ、は……げほっ」
 いつもより発作が長い。
 青年は腕に抱く少女をさらに強く抱きしめた。痛みに耐えるように。縋るように。
「……ディオ」
「!」
 意識が遠くなりかけていたところへ、眠っているはずの少女の声が聞こえた。青年は打たれたように肩を揺らし、意識を現実へと引き戻す。
 腕に抱いていた少女が、不安そうに彼を見上げていた。
「ロコ……起こしてしまったかい?」
 発作を抑え、無理やりに笑みを浮かべるが、おそらく歪んでいるだろう。痛みはまだ引かない。
「痛むのね?」
 しかし少女、ロコは青年、ディオールの問いには答えず、核心をついた。
 ロコの問いに、ディオールは目を見開く。
 うろたえるでもなく、叱責するでもなく、静かに問うた少女の瞳が「知っていた」と告げる。
「気づいていたのか」
「一体どれだけ傍にいたと思っているの? 気づかない方がどうかしているわ。ワタクシを侮らないで」
「……そうだね。ごめん」
「隠していたから、気付かないふりをしてきたのだけれど、もう限界だわ」
 少女は起き上がり、目線の高さを合わせた。
 少しだけ、怒っているように見受けられる。
「もうやめて頂戴。ここまで貴方が犠牲になる必要はないわ」
 そっと触れた少女の手が、震えていた。
 病んでいくパートナーを見るのが、どれほど辛いか。そして何もしてあげられない自分が、どれほど惨めだったか。おそらくディオールにはわかるまい。
「身体を削ってまで、精神を殺ぎ落としてまで、守り続けなければいけないの? 貴方は優しすぎるわ、ディオ」
「違うよ、ロコ。これは優しさじゃない。ただのエゴだ。僕の勝手な罪滅ぼしだ。″あの時″僕が余計な事をしなければ、こんなことにはならなかった。僕はただ、躍起になっているだけさ」
 青年の笑みが、自嘲に変わる。
「僕はずっと、この『力』を持って生まれた理由を探していた。ドーマとしての力だけでなく、すべてを拒絶するこの『力』の意味を」
 ディオールには、二つの『力』がある。
 一つの異端はドーマとしての力。
 二つの異端は全てを拒絶する力。
 この力を持っているが故に、彼は各ドーマと面識があるといっても過言ではない。ディオールはその力でもって、それぞれドーマの屋敷に【結界】を張った。
 普通の人間には見えない透明の壁。けれど、その先には決して踏み込めない場所。本来あるものを覆い、外敵から守る拒絶の壁。
 その壁を、四か所、ディオールはこの数百年間ずっと張り続けている。
 一度張り終えてしまえば、そんなに力の消耗はない。だが時が経つにつれ、そういった力には必ずほころびが生まれる。だからディオールは、定期的にそれを張りなおさなければいけなかった。
 そしてたった今、その作業をすべて終えたところだった。
「前にオルビスが言っただろう? 僕がドーマの中でも一番穢れてるって。その通りさ。ドーマというだけで十分異質なのに、それよりもさらに異能を持つ僕が、一番人間から遠い存在なんだ」
「そんなことありませんわ!」
 絶対に、と付け足して、ロコはディオールに抱きついた。弾かれたように流れた涙を見せたくなかった。隠すように、ディオールの胸に顔を押し付ける。
「僕もそう思いたかった。そんなことないって」
 言いながら、ディオールはロコの頭をなでた。自分も表情を見られたくないのか、抱きしめる腕に無意識に力が入る。
「″あの時″それを覆せたと思った。意味を見つけたと思ったんだ。でも……やっぱり覆せなかった。思い知らされただけだったよ」
「……ディオ。″あの時″って……」
 ロコが顔を隠したまま、弱弱しい声で尋ねる。それがいつのことなのか、彼女には解らなかった。
「もう、隠し通せない。ロコにも、話さなければいけないね」
 それはすべてを観念した、というような物言いだった。諦めたような。
「すべての始まりは、あの悲劇から。凪にとっても、僕にとっても」
「凪・リラーゼ?」
 凪の名が出てきた瞬間、ロコの声が硬くなった。緊張したようにさらに身を縮める。
 凪につながることは、大概冴にもつながる。不安がよぎる。
 警鐘が、鳴り響く。
「僕は、選択肢を間違えた。最初の選択肢を。その結果が、これだ。誰一人救えない。『更』ちゃんも『冴』ちゃんも、誰一人」

 聞いたことのない名前。
 そして冴。

 物語を作ったのは誰?
 シナリオを書いたのは誰だった?

 ずっとずっと、大きな勘違いをしていたのかもしれない。
 目の前が揺らぐ。

 すべての筋書きを書いたのは凪・リラーゼ? それとも……



BACK   TOP   NEXT