×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






[





 それは突然だった。

 鳴り響いた地鳴りと破壊音に、戎夜はハッと周囲を見渡した。オルビスと目が合い、頷く様を見て奥歯を噛む。
「どうやら、お出ましのようだね」
 ソファに寝そべっていたオルビスが、上体を起こした。
 その顔は、強張っているようにも見える。
「……終わるのか?」
「終わらせたりなんかしない。行こう」
 今ここに、闘えるドールは戎夜しかいない。凪は冴を使わない。冴を守るためには、戎夜が盾になるしかないのだ。
 戎夜も、それを十分理解していた。だから、すんなりと受け入れられる。
 二人はどちらかともなく、部屋を駆け出した。音のするほうへ……
 廊下を走り、角を曲がった先に、無残にも抉られた壁が、床が、行く手を阻むように瓦礫が散乱している。
 窓ガラスは全壊。砂埃が舞っている。
「これは酷い」
 あまり自分が責められた立場じゃないが、オルビス達が壊した壁よりも酷い有様だった。この光景が行く手にずっと続いている。
「どんだけ破壊魔なんだか。ストレス発散するなら余所でしてほしいよね」
 破壊された道を走り、二人は立ち尽くす人影に追いついた。気配に気づいて、その影がゆっくりと振り返る。
 ローブを深く被っているせいか、影になって顔はよく見えない。けれど、そこからのぞいた口元は深い笑みを浮かべていた。
 これが北のドーマなのかと、オルビスは値踏みするように、上から下まで見定める。
「お前が、凪・リラーゼ?」
 そんなオルビスの視線を気に留めることもなく、待っていた、というような口調で、高揚しているような声で、問う、その人。
 それに相反するような冷やかなトーンで、オルビスは答えた。
「答える義理はないと思うけど。北のドーマ、ヴィオラ・リルエイト」
「……お前、違うな」
 凪ではないと確信すると同時に、声が冷やかになる。
「誰でもいい。邪魔をするなら消すまで。やれっ!」
「戎夜!」
 腕を払い、オルビスを指差した瞬間に、北のドーマの後ろから飛び出した影。それに遅れを取るオルビスではなく、彼もまた瞬時にドール化した戎夜を盾にした。
 激しくぶつかり合った二つ。
 戎夜と対峙しているのは……
「子ども……?」
 オルビスが咄嗟に一歩後退した。厭な汗とともに、血の気が引くのがわかる。
「嘘だろ、こんなの」
 オルビスより少し幼いくらいの少年。銀色の髪と、紫の瞳。その鮮烈な姿に呼吸をするのを忘れそうになる。
 だがそれも束の間、オルビスはすぐに現実に戻り、その少年を疑うような目で見ていた。ドール化されて、戎夜と同じく意識はなさそうだが、このドールは、明らかに『違う』。
 何かが、違うのだ。
 何か、そう、禍々しいような、黒々としたものを感じる。
 普通じゃない。
「あんた、何にも感じないのか!? 普通じゃない、明らかにおかしいぞ!」
「人形が動いている時点で普通ではないだろう。何を馬鹿なことを」
 確かにそうだが、オルビスが言いたいのはそういうことではない。
 このまま、少年をドール化し続ければ、明らかに本体、魂ともに危ない。
 これは、壊れかけているのだ。
「どんな無茶な使い方をすればそんな風になるんだ! ドール化を解け! 壊れるぞっ」
「所詮使い捨ての駒だろう。壊れればまた作ればいいだけのことだ」
 捨て駒……
 その言葉に、オルビスの意識が一瞬飛んだ。
 それによって戎夜のドール化が解けた、その直後。急に元に戻された戎夜は今自分が置かれている状況に怯み、攻めから守りへと型を変えた。
 その一瞬を相手が逃すわけはなく、ドール化されたままの少年は戎夜の攻撃をいなし、跳躍した。
「オルビス!」
 倍以上もある戎夜を飛び越え、向かった先。
 少年の動きを追いかけるが、間に合わない。
 戎夜は叫ぶと同時に腕を伸ばすが、届かない。
「やめろぉぉォォッ!!!!!」
 迫りくる少年の一撃に、オルビスは咄嗟に瞳を閉じる。自分を庇うように、頭の上で腕を重ねた。
 殴り飛ばされる衝撃に備え、歯を食いしばる。
「……っ」
 が、いつまで経っても衝撃は来ない。
 辛抱しかねて、オルビスは恐る恐る瞼を上げた。
「! な……っ」
「勘違いするな」
 爆煙が晴れ、人影がうっすらと浮かび上がる。だが、見えなくても分かった。
「なん……で……」
「お前を助けたわけじゃない。これ以上壊されては堪らないからな」
 舌打ちながら、人影は面倒くさそうに答えた。
「オルビス!」
 しばらく、自分を助けた人物を見上げたまま固まっていると、後ろから戸惑うような声がかかる。
「オルビス、大丈夫!?」
 駆け寄ってきた少女に肩をゆすられ、オルビスは我に返った。
「……冴」
「怪我はない?」
「あ、うん。平気だけど……」
 半ば、戸惑いを隠せないでいる。
 何せ、オルビスを助けたのは、あの凪だったのだから。
 飛びかかった少年の腹を蹴り飛ばしたその本人は、ローブ姿の人物に視線を向けている。
「オルビス! 悪い、俺が怯んだから……」
 遅れて、戎夜が駆け付ける。
 オルビスは苦笑し、首を横に振った。
「お前のせいじゃない。僕が、中てられた″んだ」
 言って、蹴り飛ばされて後方へ吹き飛んだ少年を見た。壁に打ち付けられ、床に崩れ落ちた彼は、今まさにムクリと起き上がったところだった。
「!?」
 オルビスの視線を追った冴は、身をすくめた。
 黒い、それ。
 黒々と、禍々しく、それは、立っていた。
「……っ!」
 咄嗟に口元を押さえる。
 気持ち悪い。
 なだれ込む。

【苦しい……くるしい……クルシイ……】

 震えが、止まらない。
 これは、少年の魂の声。
 縛りつけられ、自我を操られた、悲痛の声。
 苦しんでいる。同じドールだからこそ、解る。
 魂の悲鳴。
「あ……ぁあ……」
 無意識に、涙が頬を伝った。
 冴が悲しいわけではない。
 これは、少年が泣いているのだ。

【タスケテ……タスケテ……!】

 ただひたすらに、訴える声。
 願うように。乞うように。
 冴はその声に意識を傾けた。急に視界が白け、思わず瞳を閉じる。そうかと思うと、今度は薄暗くなった。


 暖炉に赤々と炎が灯っている。暖かい部屋。
 決して明るくはない部屋に、横たわっているのは一人の少年。銀色の髪が、さらに肌の白さを強調している。
 眠っている少年の隣に、微動だにせず座っているのは、少女だった。少年と同じ髪の色をした、少女。
 静かに、優しい眼差しで少年を見つめていた。
 炎が揺れる。
 つられるように、少年の瞼も揺れた。どうやら、夢から覚めたらしい。
 瞼を上げると、少年は虚ろな瞳で辺りを見渡した。少女がすぐさま腰を上げ、少年の顔を覗き込む。
『目が覚めたか? ケイト』
『……ケイト?』
『そうだ。お前はケイト。私の弟だよ?』
 少女を見上げた少年は、必死に記憶を手繰り寄せようとしているのか、眉根をひそめた。
 不思議そうに小首を傾げ、かすれた声を絞り出す。
『……姉さま?』
 出た言葉に、少女は今までの態度が嘘であったかのような、酷い形相を浮かべた。憎たらしいものでも目の当たりにしたかのように、憎悪の眼差しを向ける。
『違う……お前もダメなのか! お前なんかケイトじゃない!』
 襲いかかる少女。少年の首を締めにかかる。
 苦しいと、思う間もなく少年の意識はそこで途絶えた……


「……え……冴!」
「っ……あ」
「大丈夫?」
 間近に、オルビスの顔があった。覗き込むその表情は、憂いを帯びていた。
「……ええ、大丈夫」
 言うや、激しい吐き気に襲われ、冴はその場で戻した。嗚咽に交じり、涙が止まらない。
 肩を震わせていると、オルビスが無言で背中をさすってくれた。彼も、何かを感じ取ったのかもしれない。ただ沈黙を守り、けれどどこか、沈んでいるようにも見えた。
 というよりは、冴と同じく中てられたというべきか……
 色々な想いを馳せながら、冴はふと視線を上げる。視界の端に、向かい立つ凪と、北のドーマの姿が映った。
 起き上がった少年が、ドーマの前へと出る。
 庇うように。守るように。
 ずっとずっと、少年は叫び続けている。自我を奪われても、魂を酷使されても。
 ただ、ひたすらに助けを求めて。
 救われることだけを祈って。
 その思いが、冴の中に流れ込んでくる。後から後から涙が零れて……
 拳を握りこむ。歯を食いしばる。
 少年の中の記憶が、冴を突き動かす。
「……めて……」
 そして、一瞬、音が消えた。
 それを認識した時には、少年はもう動いていた。飛びかかるように跳躍し、凪めがけて拳を振るう。
 凪はそれを紙一重でかわし、屋敷の壁に掛けられた短剣をとると、矛先を少年へと向けた。
 今度は凪が仕掛ける。地を蹴って、少年の急所を狙うように短剣を振るう。閃光と共に刃が煌めく。
「やめて……」
 よけきれないと悟ったのか、少年はそれを素手で止めた。
 深々と突き刺さった左腕の短剣ごと薙ぎ払い、バランスを崩した凪は床に転がった。ギリギリで受け身をとったが、しかし衝撃に眉根をひそめる。
 立ち上がろうとする間も与えず、少年は凪を抑えにかかる。と同時に、何かを決意したように、冴は顔を上げた。声を張り上げる。
「もうやめてっ!!!」
 言うや、駆け出した。
 少年が襲いかかろうとしている凪の前へ、出る。
「さ……っ!」
 突然、凪を庇うように少年の前に出た冴に、凪は目を見開く。が、間に合わない。
 言葉が途絶える。
 冴は迫りくる少年を背に、凪を抱きしめながらぎゅっと目を瞑った。衝撃に備え、ぐっと奥歯を噛む。
 閃光が、走った。



BACK   TOP   NEXT