×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






]





 張り詰めた空気。
 静まり返った空間。
 痛みを忘れた人形が、一体。
 投げつけられた言葉に、従うことしか許されない。
「全部揃った。俺は欲しいものを取り戻す」
 それは完全なる終わりの言葉だった。
 冴を抱きかかえたディオールの腕に力がこもる。
「お前に出来るのか? 私でさえ未だ取り戻せないのに。一体どうやって取り戻すと?」
 挑発するような、北のドーマ、ヴィオラの言葉に、凪は静かな笑みを浮かべた。
「お前では無理だろうな」
「なんだと? 私が貴様に劣っているとでも?」
「それもあるが、そうじゃない。足りないんだ。お前は、一番必要な『もの』をもっていない」
 答えた凪の言葉に、ヴィオラは眉をひそめた。意味が分からないという風に、訝しむ。
「魂を、持っていないだろう? 取り戻したい者の魂を」
「!? 馬鹿な! この世に輪廻転生などない。死者の魂はその場で消滅する。それを得るなんてことは不可能だ。それは私達が一番よく知って……―――――!」
 途中で、言葉が止まる。
 気付いたからだ。
 冴を支えている、青年の存在に。

 ディオール・アルバード

 守るために、全てを拒絶し、隔絶する力。
「まさか……そんなことが?」
 少女の言葉に、ディオールの瞳が曇る。
 この場にいる冴以外の者は、ヴィオラの言葉の続きを知っていた。
 オルビスや戎夜さえも、彼女の言葉で全てを理解したのだ。
 黒幕が、誰であるかを。
 共犯者が、誰であったのかを。
「ごめんなさい……ごめんなさい、冴。ワタクシが、もっと早く気づいていれば、止められていれば……」
 隣で泣いている、幼女。
 今にも泣き出しそうな、青年。
「ディオ?」
 冴には解らなかった。
 どうしてこんなにも、苦しそうな表情を浮かべているのか。そっと頬に触れると、ディオールの瞳に、うっすらと涙が浮かぶ。
「ごめん、冴ちゃん……僕が、君を……」
 唇を噛みしめるディオールの顔が苦痛にゆがむ。言葉が出ない彼を見かねて、代わりに続きを拾ったのはオルビスだった。
「冴の魂は、もともと『更』って子の魂だったんだね」
 それは独白のようにも聞こえた。自分に納得させるために呟いたような。
「ディオールの力で、消滅する前の魂を保護し……そして別の器に移し替えた。おそらくは、死体に」
「そう……その通りだよ。更ちゃんの魂は身体から離れてしまって、血の契約が間に合わなかった。だから咄嗟に、僕は保護してしまった。でも、血の契約もしていない、浮遊する魂を手元に留めることはできなかった」
 飛んでいくものを保護しても、その行き先までは操れない。外敵から守ることはできても、自由を奪うことはできないのだ。
「だから、さまよう魂を、僕はずっと見守っていた。何度か死体に吸い寄せられてはいたけれど、それに定着することはなかった。その間にも、凪は衰弱していて……何とかしてあげたかった。大切な人を失った時のあの言い知れない喪失感は、僕も知っていたから」
 噛みしめるように、ディオールは言葉をつづけた。
「魂の定着はうまくいかず、諦めかけていた時だった。臨月を迎えた、妊婦が現れてね。更ちゃんの魂は、その妊婦に定着したんだ」
「生きている人間に?」
「僕も驚いたよ。意味が分からなくて……でも、すぐに理解した。魂は女性にではなく、お腹の子に定着したんだ。死んでいたお腹の子にね」
 冴の瞳孔が開く。
 昔、母が言っていた。

『冴はね、生まれてくるのがちょっと遅かったの。皆が死産だよ、なんてばかなこと言うから、怒ったのよ。死産だったなら、目の前にいる私の可愛い子は一体誰だっていうのかしらね?』

 母がおかしかったのは、初めから。物心ついた時には、すでにあの状態だった。
 それがもし、冴の出生が原因だったとしたら?
「女性の子どもは生まれる前に亡くなっていた。その胎児に魂が定着し、新たな命を宿し、そして……女の子が生まれた」
 ディオールの声が、どこか遠い。
「それが……それが、私……?」
 望んでいた子供が死産。
 生まれてくる前に亡くなっていることを知り、そんな現実を受け止められずにいた母親。
 その子供が産まれたら、周りは一体何を思うのだろう。
 大体が、思うだろう。
 気味が悪い。と。
 そして母親はおかしくなった。
 生と死の境目が不確かになったのだ。
 死んだはずの娘が蘇ったのだから。
「私は一体……何なの?」
 冴として生まれてくるはずの子どもは、初めから存在などしていなくて。魂が更のものならば、それは冴ではない。
 一体、誰なのだろうか、自分は。
 わけが分からなくなった。
 一番の異端者は自分ではないか。
 この世にあるべき存在ではない冴が、一番の異物。
「初めから、全部、嘘だったの?」
 決められた筋書きの上を歩かされていただけだったのだ。生まれる前から、決められていたのだ。
 こうなることを。
 どうやったって、逃れられないじゃないか。
 まるで走馬灯のようになだれ込む今までの映像。
 母との思い出。記憶。
 今まで培ってきたものは、偽りなんかじゃない。
 凪との思い出。記憶。
 芽生えた感情は、偽りなんかじゃない。
 それだけは、確かに自分が感じて、自分が大事に守り続けてきたものだと、そう信じていた。
 でも、それさえも偽りだというのなら、では、何が真実だというのだろう。
「……教えて」
 ぽつりと、紡いだ。
「凪が必要なのは、更さんだけ?」
 静かに涙をこぼし、それでもまっすぐに凪を見つめるその瞳に、誰もが息を呑んだ。
 しかし凪だけが、その瞳から視線を外した。
「……そうだ」
 意識があるというのは、感情があるというのは、自我があるというのは、これほどにまで残酷なことなのか。
 断ち切られることが、これほどまでに恐ろしいなんて、誰が想像できただろう。
 終わらせる覚悟なんて、持っていなかった。
 今だってそうだ。こんなにも恐ろしい。
 震える身体を、止められない。
 それでも、凪が出した答えを、冴は飲み込んだ。
 そして、言葉など、何の意味も持たないのだと、理解した。
 何を言っても、何を叫んでも、理解などされない。だってこの気持ちは、作られたものだから。初めから、与えられているものだったのだから。
「私が頷けば、凪は幸せになれるの?」
 答えはなかった。否定も肯定も、何もなかった。
 ただ、静かだった。静かすぎて、恐ろしいくらいに。
 だから、それが答えなのだ。否定しないということは、それはつまり、肯定ということだ。
「……そう」
 自然と、項垂れた。
 もう、何も見なくていいように。見れば、気持ちが揺らぐから。
 本当は、叫びたかったのだ。
 偽りなんかじゃない。
 決められた感情なんかじゃない。
 例え偽りの優しさでも、ただの繋ぎだったとしても、冴にとってはそれが全てだった。
「だったら、いいよ」
 笑おうとするけど、笑えなかった。涙でぐしゃぐしゃになる。
「私は、それで……いいから。凪がそれで幸せになるなら、いいよ。私は、嬉しい」
 自分は救われた。その事実は、揺るがない。
 冴にとっては、凪が全てで。
 彼女にとっては、それは裏切りではなくて。
 例えこの思考すら、支配されたものだったとしても。
 凪のためにならば、冴という存在をも捧げよう。それで凪が幸せになれるのならば、望むものが手に入るのならば、それでいいじゃないか。
 一緒に過ごしたのは少しの間だったけれど、今までにないくらい、幸せだったから。
 皆が優しくしてくれて、みんなと仲良くなれて、友達もできて。
 決して、不幸なんかじゃなかった。
 だから、誰も憐れまないで。可哀相なんかじゃないのだから。
 凪を恨む気持ちも、失望もない。
 ただ、感謝と、凪を想う気持ちだけなのだと。
 それなのに。
 冴の顔は歪む。笑おうとするのに、哀しみに染まる。涙がそれをいっそう邪魔して、ますます笑顔とは程遠い表情が刻まれる。
 冴は強く手を握った。白くなり、そこから血が流れ出しても、手の痛みなんてなかった。
「待って! こんなのあんまりよ、やめなさい、凪・リラーゼ! 冴も、頷いたりしないで頂戴。ワタクシ、まだまだ貴女とやりたいこといっぱいあったのよ? せっかくお友達になれたのに……」
 ロコが、割って入る。その表情は必死だった。声で解る。だからこそ、冴は目を瞑った。
 見たら、見てしまったら、掴んでしまいそうになる。生きたいと、願ってしまいそうになる。
「そうだ、冴。お前が望むなら、俺は全力でお前を守る。だから、俺を選べと言ったんだ」
 重なる、戎夜の声。それは、どこか怒気を含んでいた。凪を牽制しているのか……冴は、耳も塞いだ。
 やめてほしい。
 これ以上、揺らがせないで。与えないで。
「僕も、冴を傷つけるなら容赦しない。やめるべきだ。上手くいくわけない、こんなの。あんたは、結局全てを失うことになるよ、凪・リラーゼ。いい加減、目を覚ましなよっ」
 冴は唇をかんだ。
「やめて! 皆……もう、言わないで」
 目をふさいだまま、耳をふさいだまま、心を閉ざしたまま、冴は叫んだ。
「ありがとう、心配してくれて。でも私は、凪のために出来ることがこれだけなら、それに応えたい。だから……いいの」
 欲するものは、凪だけ。
 彼の心が、自分にだけ向いて欲しいと、どれだけ願ったのだろう。夢見ていたのだろう。
 だけど、どうやったって凪の決意は変えられないのなら、受け入れるしかないのだ。
「冴ちゃん……」
 自分を支えてくれていたディオールの手が、離れる。気配も、遠のいた。
 彼は何も言わなかった。言う資格も、ないと解っていたのだろう。
「……」
 ディオールが離れるのを待っていたかのように、凪は無言で冴の前に立った。
 その手が迫るのを感じ、少女は瞼を上げた。視界に広がる、美しい顔。
 無表情のまま自分を見下ろす、その闇色の瞳に、全てを託そう。凪の、幸せのために。
 凪は、冴という人格を消すための言葉を、ゆっくりと紡ぎ始めた。
 二人を囲む疾風。乱れるそれに、冴の髪が揺れた。
 終わりが来る。
 自分は、消える。
 それが死といえるのかも解らないような終わり方で。
 冴は瞳を閉じた。
 身体が重たい。頭がひどく痛く、何かが引き剥がされるような痛み。尋常ではない痛みにもかかわらず、冴は悲鳴を上げることもなく、ただそれを必死にかみ殺していた。
 死ぬのか……
 それが、漠然と感じ取れた。
 もう、凪の顔も見えない。
 閉じられた瞳が再び開くとき、そこにはもう、冴はいないのだから。
「……凪、ありがとう」
 それでも、まだ言葉が残っているから。最期に。
「私、幸せだった……」
 自分の最期に、伝えたかった言葉を、冴はありったけの想いで紡ぐ。
 凪が目を見張った。一瞬詠唱が乱れたが、それでも途切れることはなかった。
 淡い光に包まれて、冴の身体がゆっくりと傾いでいった。



BACK   TOP   NEXT