続く暗闇
 時はとまったままで……
 俺は独り泣いている


『いい子にできるわよね? いつも一人で留守番もできるんだし』


 交わす言葉など、殆どありはしない
 両親は仕事が生きがいで、家庭のことなど省みない
 金さえおいておけばいいという考え方
 俺は、いつもあの広い家に独り
 別に、それでもよかった
 そう
 親の本音を感じ取るまでは……
 俺は全てのものから見捨てられた
 向けてくるのは笑顔なのに、一度だって目が合ったことはない
 心では俺を拒絶してる
 誰一人、俺の味方なんていない
 何度祈っても、願っても、想いは届かない


 俺は、不必要な子どもで


 ならば始めから、生まなければいいものを
 思いながら、俺はその時不意に笑った
 失笑だったのか嘲笑だったのか……
 けれど、その時はっきりと確信したことがあった
 結局、神などどこにも存在しないのだ―――――





 あれから、あの日から、あの公園に彼女が姿を現すことはなかった。
 今更だが、俺は彼女の名前も知らない。いつも聞くタイミングを逃していたし、聞こうとするとタイミングよく彼女が話をふってきて、結局聞けずじまいだったのだ。
 それでも俺は、相変わらず公園に通っていた。それが習慣になっていたのだ。どうせやることもないし、家にも帰りたくなかった。
 いつものベンチに腰掛けると、よく彼女がしていたように夜空を見上げる。少しずつ位置を変える星があちこちに散らばっていた。何一つ、同じものはない。
 あの時から変わらないのは、俺だけだった。あとは全部、何もかもが違う。
 もう彼女はいない。季節も、木々も、星も。全てが移り行く。その中で、俺という存在だけがあの時のままだった。実質的には変わっているかもしれないが、心は何一つ変化などない。
 いや、変化は、あった。
 気づきたくなかっただけなんだ。
 けれど、俺は彼女に対して抱いた感情を上手く単語にできずにいる。
 惹かれてはいた。けれど、解らない。はっきりとした俺の心意は、わからない。
 ただ、今もこうして、生きている。この感情を見出すことも伝えることすらもできず、意味もなく……
 ズキリと胸が軋んだ。俺は唇を噛む。
 やっぱり、俺はあの時死ぬべきだったのだ。
 生き延びたりするから、こんなに苦しくて辛いんだ。
 だからこんな、柄にもなく涙なんか……
 こみ上げてくる感情が痛くて、俺は自分を抱きしめた。掌で顔を覆う。
 必死に声を殺して、俺は静かに泣いた。



BACK   TOP   NEXT